脂肪吸引でスリムなお腹を獲得するまでの軌跡について

最新の脂肪吸引

痩せている女性のお腹

お腹の脂肪吸引は、お腹から、スリムなナイスバディになるためには不要な、消し去り取り除くべき脂肪を、取ってしまうことが出来るという方法です。
美容外科のベッドで寝ていると、いろんな器具やマシンを使ってドクターがいろいろやってくれて、「いいですよ」と言われて目を開けたらすべてが終わっているというお手軽な方法ではありますが、そんな「手軽に痩せられる施術」として完成するまでには、もちろん幾多の試行錯誤がありました。
今現在、主流となっているお腹の脂肪を吸引する方法としては、メスを使う「切る脂肪吸引」と、超音波などで行う「切らない脂肪吸引」とがあります。
切る脂肪吸引は、メスで切開したところに管(カニューレ)をつっこみ、そこから脂肪を吸い出してしまうというものです。あらかじめジェット水流や超音波のようなもので脂肪を吸い出しやすい状態にしてから、カニューレを使うというのが基本です。

切らない脂肪吸引の場合は、カニューレなどは使いませんから、厳密に言えば吸引するというよりは消滅させるといったほうが適当です。
高周波などをお腹の上からあてると、脂肪細胞が分解されて液体のようになって、それは体の外に排出されることになります。不要物として、その他の不要物とともに体の外に出てゆくのです。

2つの方法のうち、より最新式の方法とされるのはもちろん後者の、メスを使わなくても良くなった脂肪吸引です。体への負担も、切る方に比べれば軽減されました。
ベッドの上でちょっとまどろんでいるあいだにすべてを終わらすことが出来るというのが特徴です。